allmahlich

リッテさんの趣味ブログ

*

自作のトレース台(仮)を作った話

      2017/01/26

ある目的のため、トレース台が欲しくなりました。
光る台の上で写しをするアレです。

しかし市販されているものは普通に6,000円以上と高く、なかなか手が出せません。
いろいろと検索してみると、トレス台を自作する記事がたくさん出てきました。
主な内容が、100円均一の物を用いれば安く済むといったもの。
ただ、100円均一での製作なので、やはり光にムラができてしまうようで。

どうせ作るなら、先日のディスプレイ修理の時に買ったハンダごてを使って、あまり光のムラができないものを作ろうと思い立ちます。

秋葉原で買った電子部品
秋葉原で買った電子部品

早速秋葉原に行って、必要な部品を揃えました。

LEDと抵抗
LEDと抵抗

必要なのは、発光ダイオード(以下LED)と抵抗。
素人ながら調べた結果、LEDは電源に直接繋ぐと壊れてしまうため、抵抗である程度電圧を弱めるのが一般的のようです。
ということで、この抵抗とLEDをセットにしたものを並列で繋いでいきます。

2016062603
2016062603

抵抗とLEDはセットで使いようだ
抵抗とLEDはセットで使いようだ

裏ではんだ付け
裏ではんだ付け

ユニバーサル基板と呼ばれるものに、抵抗とLEDをハンダ付け。

作成途中
作成途中

これを横に5つ並べてテストすると、見事LEDが点きました(画像は撮り忘れ)。

更に3列追加して、1枚の基板に4列、合計20個のLEDを取り付けました。
(諸事情により、上下の2列はまだ光らせません)

仮組み
仮組み

そして、100円均一で売っているB5サイズのケースに穴を開けて、USBとトグルスイッチと接続。

このトグルスイッチがお気に入り
このトグルスイッチがお気に入り

個人的に、このスイッチでON・OFFをカチカチ切り替えられるところが、とってもお気に入り。
電源はUSBにしたので、通常はパソコンのUSBに繋いで使えるし、バッテリを利用すれば持ち運びも可能です。

持ち運びもできる!
持ち運びもできる!

とりあえず、1枚目の基板の中2列が光ることを確認。
第1段階は無事終了しました。

結構綺麗に透ける!
結構綺麗に透ける!

実際に透かせてみると、思った以上にムラなく透けました。
(ちょっと画像では分かりにくいですが・・・)

最終的には2枚組
最終的には2枚組

今後は、右の2枚目の基板にも同じように抵抗とLEDを取り付けて、1枚目と繋げる予定です。
そのときは上下の2列も光らせます。
そうしたら、もっといいものになりそうです。

それにしても、電子工作って楽しいですね。
初心者ながら、ハマりそうです。

リアル