allmahlich

リッテさんの趣味ブログ

*

【ロボクラ】2017年1月時点のゲームシステムについて

   

2013年3月にリリースされてから、未だにαテスト中というロボクラフト。
そのため、ゲームシステムをガラっと変えるアップデートがたびたびあるので、2017年1月時点での仕様を記事にしてみようと思います。
(今後もシステムの改変が起きる場合があるので、ご容赦ください。)

※CPU=各パーツに設定されている数値。
性能が高いパーツや強力な武器ほど高いCPUが設定されていて、限られたCPU上限の中で機体を組む必要があります。
例えるなら、1,000円のお小遣い(CPU)の中で好きなお菓子(パーツ)を買う(取り付ける)イメージ。

プレイヤーレベルの上限が10,000、CPUが2,000固定

これまでは、戦闘後に取得できる経験値によって、プレイヤーレベルは最高150レベルまで上がり、その都度使用できるCPU上限が増える(最高1,750)仕組みでした。
改変後は、プレイヤーレベルが10,000まで超拡大され、レベルアップするごとにプルトニウムクレート(後述)が1つ支給されます。
また、CPUの上限はレベルに関係なく2,000に固定され、低いプレイヤーレベルでも多くのパーツを組めるようになりました。

一部では、「レベル150になっても経験値が入る演出が出てしまう仕様」を誤魔化すための変更との噂が・・・。
レベルの上限が頭おかしいので、現状レベル200を超えているプレイヤーは少数かまだ0ではないでしょうか。

ログインボーナス・戦闘後の報酬

ログインボーナスや戦闘後の報酬として、クレート(パーツが入ったボックス)が支給されるようになりました。
中身はランダムですが、報酬のランク(6段階)によって希少性の高いパーツが出やすくなります。

ゲームモードによって、取得できるパーツ数も異なります。
これに伴い、以前まであったロボクラ内の通貨(RP)は廃止され、パーツをリサイクルすることによって得られるRobits(緑の粉)で欲しいパーツを生成するようになりました。

いわゆる「現物支給のガチャ仕様に変わった」ということで、運が良ければ初心者でも希少性の高いパーツが手に入ります。
しかし、正直クレートのランクによるレアパーツ取得の確率に変化はないように感じます。
最高ランクのプロトクレート(紫)からはゴミしか出ないのに、最低ランクのラスティ(錆び)から良いパーツが出たり・・・。
欲しいパーツは、いらないパーツをリサイクルしたときにもらえる粉で新たに作成するか、ガチャで引くか・・・。

電力とCPUの関係

武器やモジュールを使用するには、電力が必要になります。
この電力が、機体で使用しているCPUと関連するようになりました。
簡単にいうと、「CPUが多い機体は使用できる電力容量が少なく、CPUが少ない機体は使用できる電力容量が多い」といったシステムです。

CPUを抑えた機体なら数多くの攻撃ができますが、その分脆くてすぐに撃破されてしまいます。

逆にCPUを多く使ってガチガチに固めたり、強い武器を装備したりすると、電力が足りなくなって攻撃できない状況が結構出てきます。
このシステムに関しては、自分のプレイスタイルなどを加味して、バランス良く機体を組む必要があります。

マッチングの仕様変更

今まではCPU別で対戦のマッチングをしていましたが、今後はCPU値とは無関係にマッチングするようになりました。

上記の「CPU上限固定」によるものですが、初心者と上級ガチ勢がマッチングするケースが激増しているという、悪夢のような変更です。
まだ所持しているパーツが少ない初心者が、ガチ勢の攻撃によってすぐに撃破されて萎えてしまい、初心者離れが増えるのではという懸念が出ています。

180日プレミアムアカウントが無期限に

ロボクラでは、プレミアムアカウントを購入することで、様々な特典(経験値2倍、クレート取得パーツ2倍など)が得られます。
その中で一番長い期間である180日分(6ヶ月:日本円で約5,000円)が、無期限に変更されました。

マビで考えると、5,000円でずっとFLCの特典が受けれることになります。
未だにアルファテスト中なので、いつ終了するかは分かりませんが、先日割引で4,000円になっていましたので、思わず買ってしまいました。

 

以上が2017年1月現在のロボクラの仕様です。
ほかにも細かい仕様変更はありますが、そこは割愛。
今後も更なる改変アップデートがくるかもしれませんね。
なんせ、αテスト中ですから。

ロボクラフト