allmahlich

リッテさんの趣味ブログ

*

【ロボクラ】やっておきたい小ネタ設定

   

今回は、知っておくと得をするかもしれない小ネタ集です。
といっても、設定やらをいじっていれば分かる内容です・・・。

エディットモード

機体を作るときに知っておくと、作業効率が上がるショートカットなどです。

ミラービルドモード

ミラービルドで機体製作が楽になる
ミラービルドで機体製作が楽になる

機体設計画面でキーボードのMを押すと、中央に赤い線が出てミラービルドモードになります。
このモードは、左右同時にブロックが置けますので、左右対称の機体を設計するのにとても便利です。
ただ、中心にパーツを置くときはモードを解除する必要があること、パーツが足りない場合はエラーが出て片方しか設置されないなどの注意点があります。

中心表示

中心点を参考にバランス調整を
中心点を参考にバランス調整を

機体設計画面でキーボードのOを押すと、機体の中心点が表示されます。
この中心点を参考にすれば、バランスの調整がしやすくなります。
特にスラスターを設置して変に回転を起こしたり、左右のバランスが悪いときは、この中心点を確認しましょう。

合計ヘルス・合計重量

機体のヘルスと重量が分かる
機体のヘルスと重量が分かる

機体設計画面でキーボードのIを押すと、右上に小ウィンドウが表示されます。
上から、今構成されている機体の合計ヘルスとCPUあたりの平均ヘルス、合計重量とCPUあたりの平均重量を示しています。
推進力系のパーツには「Speed loss after」というパラメータが追加されたので、スラスターやプロペラをつける場合は、重量を確認しながら設置しましょう。

キューブコピー・カラーコピー

Xキーでパーツをコピー
Xキーでパーツをコピー

設置されているパーツにマニピュレーターを合わせてキーボードのXを押すと、そのパーツをコピーします。
同じパーツを設置するときは、わざわざQキーを押して在庫から選択する必要がなくなります。
また、ペイントアプリケーター使用時は、合わせたパーツの色をコピーできます。

10個ずつ選択

Ctrlを押しながらクリックすると、10個ずつ増減
Ctrlを押しながらクリックすると、10個ずつ増減

パーツを売却もしくは製造するときは、Ctrlを押しながらクリックすると、10個ずつ選択ができます。
逆にCtrlを押しながら、×をクリックすると、10個減らせます。
クリック押しっぱなしよりかは早く作業できるかと。

ファイトモード

事前に設定をしておくと、戦闘が楽になるかもしれない設定です。

ゴーストが見える設定

FASTからゴーストが見つけられる
FASTからゴーストが見つけられる

姿が見えなくなるゴーストモジュールは、画質設定がFASTEST(最低画質)だと完全に見えません。
画質の設定は、機体選択画面からESCキー→SETTINGS→Quality settingsのプルダウンから。
FASTからゴーストモジュール特有の「若干の歪み」が見えるようになるので、パソコンの性能が低くなければ出来るだけFAST以上に設定しましょう。

横スライド移動

画像は私の使いやすい設定
画像は私の使いやすい設定

同じくESCキー→CONTROLSに入り、キーコンフィグ内のStrafe Left、Strafe Rightにボタンを設定すると、左右への平行移動(いわゆるストレイフ)ができるようになります。
これにより、物陰に隠れながら攻撃する「チラ撃ち」が可能です。
ホバーやローター機、レッグ系は横移動が出来ますが、タイヤ・タンク・固定翼機などは構造上不可能です。

カメラモード

カメラのセッティングはここから
カメラのセッティングはここから

機体選択の歯車(SETTINGS)のプルダウンをCamera controls steeringに変更すると、FPSゲームと同じような操作方法になります。
マウスの左右移動で旋回を行い、キーボードのAとDで上記の横移動を行います。

Cameraかキーボードかを選択
Cameraかキーボードかを選択

このモードの利点は、スラスターが向きに合わせて自動で出力を調整してくれるところで、通常ではまっすぐ進まない構造でも、カメラモードであれば楽に前進ができます。
このモードのおかげで、追加実装された当初は手裏剣など常に回転し続ける機体が流行りました。

 

以上、役に立つかもしれない小ネタ集でした。

ロボクラフト