allmahlich

リッテさんの趣味ブログ

*

【ロボクラ】新バトルアリーナのルールと動き方について

      2017/05/06

新バトルアリーナについて
新バトルアリーナについて

頻繁にゲームの内容を変えるロボクラは、2017年3月2日にバトルアリーナのルールを一新しました。 詳しい説明がゲーム内にはないため、細かいルールを知らずにプレイしている方もいるかもしれません。

今回は、新しいルールについての説明と勝つための動き方を、私的見解を含めながら解説してみたいと思います。

新バトル(リーグ)アリーナの目的

今回ルール変更したバトルアリーナは、簡単にいうと『マザーシップの兵器エネルギーを、相手チームより先に100%にする』のが目的です。

新バトルアリーナの目的
新バトルアリーナの目的

エネルギーを100%にするには、後述するマイニングポイントを占領してエネルギーを集める必要があります。 ゲーム時間内(15分)にどちらも100%に達していない場合は、タイムアップ時に多いほうが勝利、同じなら引き分けになります。

各オブジェクトの説明

新バトルアリーナでは、新しいオブジェクトの追加・仕様の変更がありました。 これらのシステムを理解していないと、ゲームに勝つことは難しいでしょう。

マイニングポイント

マイニングポイントについて
マイニングポイントについて

新バトルアリーナの中で、最も重要なオブジェクトがこのマイニングポイントです。 マイニングポイントを占領することで、マザーシップのエネルギーが少しずつ蓄積される仕組みです。

マイニングポイントの名称
マイニングポイントの名称

自軍から近いニア、両軍の中間にあるミドル、自軍から遠いファーとそれぞれ名前がついています。

最重要オブジェクト
最重要オブジェクト

占領するには「半球内に一定時間とどまる」必要があり、中にいる味方の数によってそのスピードは変化します。 マイニングポイントから離れると、占領ゲージは少しずつ減少、同じマイニングポイント内に敵がいる場合は、進行がストップします。

ゴーストモジュール使用中は、ゲージは増加しませんので、占領するには解除する必要があります。

占領ゲージは3分割
占領ゲージは3分割

占領ゲージは3分割されており、1/3もしくは2/3までためることができれば、その分は減らずにキープされます。

ドミナント発動メッセージ
ドミナント発動メッセージ

同じチームがすべてのマイニングポイントを占領して1分以上経過すると、「ドミナント(圧倒的)」が発動します。 ドミナント発動中は、エネルギーのチャージ速度が大幅に増加します。

プロトナイトコア

プロトナイトコアについて
プロトナイトコアについて

ゲーム開始5分と10分が経過した時、両軍のチャージエネルギーに差があると、マップ中央にクリスタルの塊が出現します。

制限時間は60秒
制限時間は60秒

出現したプロトナイトコアは優勢チームの色をしており、劣勢チームが攻撃をして制限時間内(60秒)に破壊できれば、エネルギーのポイントはイーブンとなります。

プロトナイトコアの効果
プロトナイトコアの効果

どんなに差が開いていたとしても同点まで一気に追いつくことができるので、破壊できれば逆転のチャンスになります。 5分と10分経過時にエネルギーの差がなかった場合は、プロトナイトコアは出現しません。

フュージョンシールド

フュージョンシールドについて
フュージョンシールドについて

両軍の本拠地に展開されるシールドです。 旧バトルアリーナから仕様が変更されており、マイニングポイントの占領状況によって効果が変わります。

スタート開始時と、マイニングポイントを1つ以上占領することでシールドが展開され、敵の侵入及び攻撃を完全に防ぎます。 逆に占領数が0になるとシールドが解除され、敵の侵入・攻撃が通る危険な状態となります。

相手本拠地に侵入している時にシールドが復活してしまった場合は、自機は攻撃が一切出来なくなり、少しずつダメージを受けます。

自軍本拠地での自動回復に関しては、占領数0(シールドがない状態)でも発動しており、以前よりも修復スピードは上がっています。

プロトニウムリアクター

プロトニウムリアクターについて
プロトニウムリアクターについて

本拠地に立っている巨大な柱で、旧バトルアリーナではクリスタルがスタートから存在していましたが、新バトルアリーナではマイニングポイントを占領することで少しずつ蓄積されるようになりました。 相手のクリスタルを攻撃すると、破壊した分は自軍のエネルギーとして奪える(相手のエネルギーは減る)ので、劣勢からの逆転も狙えます。

その他

  • 旧バトルアリーナにあったオーバークロックは廃止されて、パーツ性能はスペック表通りとなります
  • リスポーン時間は15秒固定、復活は自動で行われます
  • マザーシップのエネルギーが95%に到達したとき、または残り時間1分になったときは、サイレンが鳴ります

新ルールで勝つためには

新バトルアリーナで勝つには敵の撃破だけでなく、ルールを理解して状況に応じた行動が重要です。 特にリーグアリーナでは、チームの勝敗がMMRに影響してきます。 軽率な行動による敗北は、チームメイトにも迷惑をかけてしまうので、注意しましょう。

基本は2拠点キープ

優勢時の動き方
優勢時の動き方

相手チームより先にエネルギーを集めるのが目的なので、3箇所あるマイニングポイントのうち、2箇所(ニアとミドル)をできるだけ長く占領しておきたいところです。 時には、敵の奪還を食い止めるために同じマイニングポイント内に飛び込んで、進行を妨げることも必要です。

優勢時はプロトナイトコアが出現しても、防衛には向かわず、マイニングポイントのキープを優先しましょう。 たとえコアが破壊されてイーブンになっても、占領数を確保できていれば優勢は継続されるからです。 プロトナイトコアを守るあまり、マイニングポイントが取り返されることだけは避けましょう。

劣勢時の動き方
劣勢時の動き方

逆に劣勢の場合は状況的に厳しくなります。 僅差であれば、マイニングポイントを取り返して維持をするだけでよいのですが、大差で負けている場合は、コアの破壊も成功させなければなりません。 最低でも2回目のコア出現で破壊できなければ逆転は難しいでしょう。

有利な時間がどれだけ確保できるかが、バトルアリーナでのポイントになります。

ファーの占領は保険

上記の通り、ニアとミドルを確保できれば、ファーの占領は必要ありません。 しかし、当然相手もミドルを狙ってきますし、場合によっては相手の占領下から、なかなか奪還できないケースもあります。 その時はファーの占領を行い、相手が取り返しすために戦力を分散させた隙に、ミドルを取り返すといった方法もあります。 ファーの占領は、保険として1/2もしくは2/3にとどめておくのが理想です。

レーダー装備でアドバンテージを

2017/5/4のアップデートで、レーダーは廃止されました。

ルール変更に伴い、各マップもマイナーチェンジされています。 特にマイニングポイントの周辺は、機体が隠れるほどの障害物が多く、相手の位置が把握しにくくなっています。

レーダー装備の優位点
レーダー装備の優位点

スポットしていない相手と出会い頭に撃ち合いとなるケースも多々ありますので、レーダーによる位置確認はアドバンテージを得るためにも重要です。 最低でも一番ランクの低いレーダーは装備しておきたいですね。

環境に合わせた機体構成

新バトルアリーナでは、マイニングポイントの争奪戦に勝たなければなりません。 そのためには、環境に適した機体構成で挑むのが望ましいです。

下記はバトルアリーナ向けのパーツです。

ホバー/ムーブメント

地上を高速で移動できるので、マイニングポイントを素早く占領するのに向いています。 また、ホバーの最高高度を取ると、上空からのプラズマ攻撃があたりにくくなるため、被弾率を下げられます。

スプリンターレッグ/ムーブメント

地上での移動はホバーに次いで早く、ジャンプ攻撃も可能な攻めのムーブメントです。 耐久に少し難アリですが、他ムーブメントとの組み合わせでフォローできます。

ローターブレード/ムーブメント

地形の影響を受けずに小回りの効く移動ができるので、マイニングポイントの占領や奇襲に向いています。 低CPUで組んだ機体による、上空からのプラズマ攻撃が非常に強力です。

イオン/ハードウェア

接近戦となりがちなマイニングポイントの占領時に、威力を発揮します。 高MMR帯の地上機のほとんどは、イオンを装備しているほどです。

ブリンクモジュール/スペシャル

一瞬で距離を詰められるブリンクは、攻守ともに活躍します。 バトルアリーナは1分1秒を争いますので、積極的に使っていきたいですね。

ディスクシールドモジュール/スペシャル

マイニングポイントの占領時は、少しでも時間を稼ぎたいところ。 ディスクシールドを使えば、被弾率を下げて粘り強く居座れます。

EMPモジュール/スペシャル

効果範囲が、マイニングポイントとほぼ同じなので、相手の妨害にうってつけです。 あててもあてなくても効果のあるモジュールです。

高MMR帯では、上記パーツの組み合わせによる機体がテンプレとなっています。 マップの構造上、移動に難のあるインセクトレッグやロックオンが外れやすいミサイルランチャーなどは、バトルアリーナでは不向きといえますので、使用を控えるかプレイヤースキルで補いましょう。

最後まで諦めない、気を抜かない

10分が経過した状況でも、10%位の差であれば、まだ逆転のチャンスは残っています。 敵本拠地のクリスタルへの攻撃は、相手のエネルギーを減らしつつ、自軍のエネルギーを増やせるからです。 タイミングよく3つのマイニングポイントを占領し、相手フュージョンシールドがなくなった瞬間に飛び込めれば、たった10秒で劇的な逆転勝利も可能です。

逆転のチャンス
逆転のチャンス

優勢時は最後まで気を抜かず、マイニングポイントは最低でも1つは死守する必要があります。

総括

以上がバトルアリーナのルールと個人的見解です。 動き方に関しては正解ではないかもしれませんが、マイニングポイントが最重要であることは間違いありません。

「どうすれば優勢を保てるか、劣勢を打破できるか」をよく考えて、的確な行動を取っていきましょう。

ロボクラフト